ここがポイント 健康によい睡眠をとる方法

健康に害のない睡眠時間をとりましょう

生まれたばかりの赤ちゃんは一日中眠っていますよね。そしてだんだん大きくなるにつれて、少しずつ起きている時間が長くなり、活動をする時間が増えてきます。さて、あなたは一日に何時間くらい睡眠をとっているでしょうか。10時間くらい眠らないと疲れがとれないという人もいれば、ギリシャの哲学者やモーツアルトなどのようにほんの少ししか眠らないという人もいるかもしれません。これは人によって、体質のようなものなので、沢山眠れば良いというわけではなく、また眠る時間が少ないから体を壊すというわけでもないようです。

実際問題として、例えば大統領や世界的に有名な大企業の社長などにもなると、会議の後は外国で会合、そして晩餐会の後にパーティー、そこから政府専用機で自国に戻って記者会見に臨むなど、過密なスケジュールに追われていたりして、眠りたくても寝るひまがないという現実もあります。同じように、会社で大きなプロジェクトに関わっていたりすると、締め切りに間に合わせるために試行錯誤しなくてはならないなどで、眠りたくても目が冴えてしまい、脳も考えることをやめないなど、睡眠時間が減るということもあります。大切なことは、健康に害が出ないことを第一に考えて、長いとは言えない自分の一生をいかに有意義に送るか、死ぬ間際になって、ああ、自分は精一杯生きたなと実感出来るような一生を送ることが出来れば一番幸せなことだとお思いになりませんか。

Copyright (C)2017ここがポイント 健康によい睡眠をとる方法.All rights reserved.