ここがポイント 健康によい睡眠をとる方法

健康によい睡眠は寝始める時間と起きる時間

規則正しい生活をするのが良いと言われています。しかし実際に行うのは難しいこともあります。学生から社会人になったとき、生活の方法が大きく異なるので、それに戸惑うことがあるでしょう。大学などでは、それほど時間などに追われることはありませんが、会社においては、厳しく時間に追われることになります。出社時間に遅れれば、遅刻として罰則を受けたりもするのです。朝に関しては遅刻が出来ないこともありきちんと起きるようにしますが、夕方の関しては、日によっては残業をすることがあります。少しの残業で済むこともあれば、深夜まですることもあります。そのようにして、生活が乱れてしまいます。一度乱れてしまうと、もとに戻すのが難しくなります。健康のことを考えるのであれば、睡眠時間について考えなおす必要があるでしょう。まずは起床時間を揃えるのが良いと言われています。朝に起きる時間を合わせることで、体内時計を合わせることが可能になります。1日は24時間と言われていますが、体の時間は24時間よりも少し長くなっていることがあります。ずれたままになるのですが、朝に起きるときにリセットすることができるそうです。毎朝同じ時間に起きるようにすると、リセット時間が合うので、朝が辛くなくなります。問題は、休みの日などです。

休みの日につい遅くまで寝てしまうことがあります。これはあまり良くないと言われています。休みの日でも、いつもと同じように起きるようにします。寝る時間に関しても、言われることがあります。夜の10時までに寝ると良いようです。この時間になると、成長ホルモンの分泌が活発になります。それが夜の2時頃までで、10時から2時までがゴールデンタイムとされているのです。1日の疲れであったり、それまでの疲れなども、そのときに修復しやすくなります。今の時代に10時に寝るのは少しもったいないような気もしますが、日中の生活が大事なのであれば、そのような生活に変えることも必要です。

Copyright (C)2017ここがポイント 健康によい睡眠をとる方法.All rights reserved.